【映画】ノア 約束の舟

249月 - による yuichiro ikeda - 0 - ことば レビュー

映画「ノア 約束の舟」ほぼ最後のシーンに出てくるこの言葉。話の筋では、神への忠誠と家族との愛の葛藤の中にいたノアに対する言葉なのですが、こういう葛藤と、言葉によって自分たち人間が生かされていると思うと、大切な言葉と想わざるを得ないのです。

Ila: I have to know. Why did you spare them?
Noah: I looked down at those two little girls and all I had in my heart was love.
Ila: Then why are you alone, Noah? Why are you separated to your family?
Noah: Because I failed him, and I failed all of you.
Ila: Did you? He chose you for a reason, Noah? He showed you the wickedness of Man and knew you would not look away. And you saw goodness too. The choice was put in your hands because he put it there. He asked you to decide if we were worth saving. And you chose mercy. You chose love. He has given us a second chance. Be a father, be a grandfather. Help us to do better this time. Help us start again.

最後の、Ilaの言葉を簡単に訳すと、

神はあなたを選んだ、
あなたは人間の悪から目を背けないから。
あなたは善も見ていて、
どちらをとるかを神はあなたに委ねた。
人間は救う価値のあるものなのか。
そしてあなたは慈悲を選んだ。そして愛を。
神はやり直すチャンスを与えてくれた。-父親として、祖父として。
今度は悔いを残さず、やり直せるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。