【映画】Anna Karenina

252月 - による yuichiro ikeda - 0 - レビュー

「Anna Karenina」という映画ご存知でしょうか。日本でも3/29から公開予定の「アンナカレーニナ」です。
今日偶然に予告編を見たのですが、映像が素晴らしくきれいです。トルストイの同名の作品を映画化したものですが、予告編だけでも一見の価値があります。

今回の映像で印象的なのは2つ。

1つはやはり、主演のKeira Knightleyの美しさでしょうか。僕はパイレーツ・オブ・カリビアンからの彼女のファンですが、目鼻立ち通った印象的な雰囲気と、鋭い目つきの中にある、心の中の衝動のような情熱が、溢れる演技はこの映画の雰囲気を決定ずけていると言えると思います。

もう一つは、場面展開の映像手法の面白さです。アニメーションのなかではよくあることでしょうが、実写の世界で、部屋の中の大きな扉を開けるとスケートリンクへ場面が変化したりしません。特に完全に場面変化するならわかるのですが、屋敷の中であることを意識させながらも、スケートリンクの場面を見せる、ちょっと見るものを惑わせる、でも何か幻想的な映像に仕上がっているという雰囲気です。

Keira Knightleyが2003年に主演した映画、’Pride and Prejudice’「高慢と偏見」のスタッフで構成された映画ですが、一つも二つも新しさが見られる、個人的なオススメの一本でした。

社会

  • 特になし。

国際

  • アカデミー賞受賞作品発表「ARGO」(これも興味あり)

技術

  • KDDIがFirefox OSのスマートフォンの開発を発表。
  • 米Microsoft Surface 日本発売か? ティザー広告を開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。