移転

212月 - による yuichiro ikeda - 0 - ブログ

先日、サーバーを移転しました。

2005年にブログを始めて最初はheteml、2007年頃からさくらインターネットのレンタルサーバーを利用してきましたが、料金が安い分、サーバースペックも共有のため表示にとても時間がかかっていました。

今回は米Amazonが運営しているサーバーホスティングAmazon Web Serviceに移行しました。こちらは以前より少し値段が上がりますが、サーバーの能力が大幅に改善する上に、もし急にアクセスが伸びれば数クリックで構成のサーバーに移転も出来る優れもの。

実際にサーバーの応答速度を見てみたら、歴然の差が!

2013-02-21aws

今までは、平均2100ミリ秒以上、場合によっては3500ミリ秒の時間がかかっていました。要はクリックしてから表示が始まるまでに2秒から3秒が平均ということ。それが、グラフの右端が急激に下がっているので分かるように、大幅に改善し現在は平均300ミリ秒くらいです。0.3秒くらいで反応していることになります。

よくウェブの応答性能は閲覧数にも影響すると言われます。せっかくいいサーバーに移転しましたので、また頑張って書かなければ!これも精進の一環です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。