繋がった! -WWDC2011関連-

26月 - による yuichiro ikeda - 0 - Apple Inc.

先日、公式にその存在が公表された「iCloud」ですが、いろいろな記事を読んでいるうちに、なんだかいろいろ繋がってきて嬉しくなってしまいました。昔から、Appleの行動には裏があるというのが持論でしたので、今回もキットと言うことで、いろいろ情報収集をしてみました。

・巨大データセンター、MobileMe無料化、iCloud

2009年にその存在が明らかとなった巨大なデータセンターがあります。そのデータセンターは東海岸のノースカロライナ州にあり、50万平方フィートと通常のデータセンターの3~5倍の規模で、総工費は10億ドル規模になると言われています。

当時は「クラウド」という考え方が一般個人レベルまで広まりつつあったものの、具体的にその恩恵にあずかっているとはっきり言えるほど利便性は感じないサービスが多かったように思います。2008年の秋にAppleはそれまで「.Mac」という名前で提供していた有料オンラインストレージ&メールサービスをリニューアルし、「MobileMe」として発展させました。それまでより「クラウド」を意識したシステムとなり、クラウド上のデータが、MacOSやiPhone、iPadだけでなくWindowsにも双方向的に同期できるようになるという特徴がありました。
しかし、サービス開始当初からシステムダウンや、同期エラーなど問題が頻発し、Jobs氏は当初からお冠だったとか。はっきり言ってしまえば失敗だったわけです。その場で責任者は交代させられ、ユーザーには3ヶ月間無料で使えるようになりました。

クラウドとは違いますが、「Ping!」というサービスがあります。昨年の9月にLauchされたばかりの割と新しいサービスで、iTunes上の音楽専用のSNSといったところです。アーティストが実名で登場することなどが特徴で、開始から2日で100万人のユーザーが登録し、成功したかに見えました。しかし、その後伸び悩みたった半年で頭打ち状態。失敗ではありませんが、次に繋がるサービスとは言えませんでした。

こうして、ネットサービスで2度の失敗を経験したその後に出てくるのが、今回のiCloud。いろいろな憶測は飛び交うもののまだその内容はほとんど分かっていません。確かなことは、巨大なデータセンターを新たに建設しなければならないほどのデータ容量を扱うこと。ちなみに、以前からMobileMeを無料化するという動きもありました。

いろいろ総合すると考えられるサービスはこんなものでしょうか。

①iTunesのライブラリを丸ごとクラウドに置くことができる。従って、音楽に限らず、映画やPodcastなどもすべて。
②MobileMeは再編され、メール、カレンダー、ブックマーク同期、iPhoneを探す、は残り、無料化する。
③MobileMeの一つだった、iDiskと、iWorksのオンライン版はリニューアル。iTunesのクラウド化と合わせて、クラウドサービスの一環となる。こちらは有料制とする。

・iOS5、Googleとの地図情報契約の更新、Twitter

当初、iOS5の発表はないと思っていました。今回は、iCloudが大きなネタですし、Lionもありますし。しかし、iCloudの情報を見ていると、どうも放っておけない存在に感じてきました。

昨日、今日と一斉に報じられている、Twitterが画像投稿を自社サービスとすることと、GoogleがAppleとのGoogle Mapの契約を新たな形に更新したという件。以前AppleはGoogleに莫大な金額を支払って、iOSとGoogle Mapの強力な提携を進めました。今回、Twitterの画像投稿サービスがこのタイミングでリリースされたことと、地図契約が新たに更新されたことを考えると、iOS5は今より、ジオタグとマルチメディアデータを親密に扱うことができるOSになるのではないかと思います。特に、iCloudが公表されるとなると、これらの情報を何らかの形でiCloudとリンクさせることは十分考えられると思いますし。

と、ここまで書いてみても、どうもiOS5の発表は確信が持てないのですが、iOS4の公表からの期間やiCloud公表とかを勘案すると、完成形でないにしても、今のタイミングでプレビューはすると思えるのです。

・iCloudとiOSとMacOSX

もうiOS5のところと一昨日の投稿で書いてしまったことと重複しますが、今までパソコンで養われたノウハウをモバイルに生かすことはあっても、モバイルで養われたノウハウがパソコンに回帰すると言うことはなかったと思います。そもそも回帰するほどモバイルのノウハウが溜まっていなかったわけですし。

そのタイミングで、iCloudがでてくる。もう、本当のクラウド時代が到来するに違いありません。それも、自分の手元で。

ちなみに、補足ネタで無線LAN製品系が在庫を切らしているそうで。iCloudと関係するかどうかは定かではありませんが、リニューアルの可能性はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。