BAND OF BROTHERS Part10 “Points”

69月 - による yuichiro ikeda - 2 - ことば コンフィデンシャル

And now the German General begins to address his troops, with great emotion.

GERMAN GENERAL
Männer, es war ein langer Krieg, es war ein harter Krieg.

LIEBGOTT
Men, it’s been a long war, it’s been a tough war.

GERMAN GENERAL
Ihr habt tapfer und stolz für Euer Vaterland gekämpft.

LIEBGOTT
You’ve fought bravely, proudly for your country.

GERMAN GENERAL
Ihr seid eine spezielle Gruppe, die ineinander einen Zusammenhalt gefunden habt, wie er nur im Kampf existiert.

LIEBGOTT
You are a special group, who have found in one another a bond that exists only in combat.

— One by one, the five Americans begin to hear these words as if they’re being spoken to them, too. As such, they experience some of the same emotions as the defeated troops before them, who are certainly touched by their commander’s speech.

GERMAN GENERAL
…unter Brüdern, die Fuchshöhlen geteilt haben, die sich in schrechklichen Momenten gegenseitig gehalten, die den Tod zusammen gesehen und miteinander gelitten haben.

LIEBGOTT
…among brothers who have shared foxholes, who have held each other in dire moments, who have seen death, and suffered together.

The General considers the next words very carefully, as they will be his last to his men. And he says them from the heart:

GERMAN GENERAL
Ich bin stolz mit Euch gedient zu haben.

LIEBGOTT
I am proud to have served with you.

GERMAN GENERAL
Sie verdienen ein glückliches und langes Leben.

LIEBGOTT
You deserve long and happy lives of peace.

The general turns to Lipton.

—————–

サイト名は不明
https://etb1.files.wordpress.com/2009/01/bob-part-10-german-general-surrenders.pdf
より引用。

GERMAN GENERAL:ドイツ人将校  LIEBGOTT:アメリカ陸軍兵

2001年にアメリカで作成された「Band of Brothers」(スティーブン・スピルバーグ監督)の最終話第10話の最後に出てくる、敗戦者側のドイツ人将校が、アメリカの監視の下に同志に向けて行った演説文です。映像の中でドイツ人将校の言葉を米兵が英語に訳しているので、台本上でドイツ語を英語に逐次訳しています。「Band of Brothers」は、第2次世界大戦における米国陸軍パラシュート歩兵連隊の訓練から対ドイツ軍戦勝利・終戦までを描いたノンフィクション作品です。

もちろん、ナチスドイツをよく言うつもりはありません。それに終戦の言葉ですから、とてもそのまま今に当てはめることはできませんが、お互いが兄弟として強い絆で結ばれているという言葉は、今でも皆が等しく心に刻まなければならない言葉のような気がします。

“BAND OF BROTHERS Part10 “Points”” への2件のフィードバック

  1. 名前がなかったの一般的な言葉で言ってしまいますが、僕にはアイデンティティーに近いものではないかと感じられます。アイデンティティーは自分が自分であることではありますが、この言葉は、人が人としているということを定義づけているといっても、過言ではないのではないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。