Googleマップがストリートビューに対応して興奮した件

58月 - による yuichiro ikeda - 2 - Google Inc.

最近、Googleの地図の更新が頻繁に行われています。
先日も、日本全国の建物の名前がすべて表示されるという機能が追加されたばかりですが、ついに今日ストリートビュー機能が追加されました。
以前からアメリカでは公開されていて、賛否両論の議論が行われていましたけど、日本でも見られるようになったわけです。ストリートビューというのは、地図を上から見るのではなく実際にそこを歩いているかのように見られる機能です。
見方は簡単。
1.今までと同じ「Google Map」にアクセス
http://maps.google.co.jp/
2.画面右上に増えた、「ストリートビュー」をクリック
2008-08-05-gsv1
3.ストリートビューをみたい場所に地図を移動(検索などによって)
4.真ん中に黄色い人のアイコンをクリックすると吹き出しが出てきて見られるようになります。
ちなみにここは、東京は銀座4丁目の交差点でありまーす。!
あとは、吹き出しの中で360°回転させるもよし、地図を使ってひとっ飛びするもよしです。
2008-08-05-gsv2
実は、少し前から日本でも、Googleの撮影車の目撃情報があったのでいつかは始まるはずでした。

現在は、札幌、小樽、函館、仙台、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、神戸、淡路島が公開されているようです。
で、早速見てみましたよ。自分のいつもの通勤路。うちの周りは写真の様子から今年の3月頃に撮影されたもののようでした。が、とにかくびっくりしたのはちょー狭い裏道とかちゃんと撮影されてるんです!僕が通ってる道は夜は一人で歩くのがはばかられるような道なので、まさかと思ったのですが、ちゃーんと写ってました。  ちょー興奮!!
ちかも画面中に現れる矢印をクリックすると先に進めるし、その場の360度の画像を確認することもできるんです。とにかくおもしろい。
ちょっと見知らぬ土地に行くときなんかに予め確認すると便利かも知れないですね。
しかし、衛星画像だけでもメンテナンス大変だと思うのにストリートビューの更新作業を続けていくなんてすごい作業量だなと、人ごとながら心配してしまいました(^_^;)

“Googleマップがストリートビューに対応して興奮した件” への2件のフィードバック

  1. そっかAPIも一緒に公開されたんだね こりゃちぇけらしなきゃ!
    Googleのサービスって、使う側のいろんなアイデアによって、柔軟に使えるって言うところが他とちょっと違うよね
    早速実験してみようかな

  2. 会社の社内SNSでは、登場即で誰かが紹介のエントリーしたら、コメントの嵐(笑
    さすがというか何というか。。。
    ニュースでキャッチして、客先にも関わらず、同僚といろんな人を巻き込んで盛り上がってた。はてな社長夫人が発見されたりとか話題は尽きないよね?。
    公開と同時に、APIも公開されているらしい。
    これを使ったマッシュアップサイトなんて、どう使うか想像もつかないけど、すごいもんが出てこないかと期待大。
    オレの少ないイマジネーションで思いつくのは、町の奥の方にあるお店とかが、駅からの道のりを写真つきで案内するとか?
    地図からではどこにも辿りつけない自分みたいな人間には、このサービスはありがたさの極みだったり(^_^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。