Apple論争が決着

62月 - による yuichiro ikeda - 2 - Apple Inc.

Apple vs Apple
ついに「Apple論争」に決着がついた。
以前、Apple論争についてや、裁判の判決・控訴について取り上げたけれども、やっと”Apple”の名称とロゴの使用をめぐった論争に決着がついたのだ。
Apple Computer Inc.改めApple Inc.が、”Apple”に関する全ての商標権を取得し、両社の間の全ての訴訟が取り下げられることとなった。1991年の両社の合意では、音楽市場での使用を除外する条件でApple Inc.に”Apple”の商標の使用を認めていたのが今回問題となったのだが、新契約ではApple Inc.が”Apple”の登録商標の権利を所有する。Apple Corpsはライセンス供与を受ける形で今後も商標を継続的に使用する。争点となったiTunes(Apple Inc.の提供する音楽サービスを利用するためのソフト)における”Apple”の名称とロゴの使用も認められている。和解条件の詳細については明らかにされていない。
米国時間の1月9日にApple Inc.が行った、新製品プレス発表の場で、ビートルズの楽曲を利用したり、社名を従来の「Apple Computer Inc.」からComputerが消え、「Apple Inc.」となったことなどから、何らかの和解事項があったのではないかと憶測されていたが、Apple側がすべての権利を所有し、Apple Corpsがライセンス供与を受ける形で、利用すると言うことは全く想像がつかなかった。驚きだ。
Apple Inc. CEOのSteve Jobs氏は

“We love the Beatles, and it has been painful being at odds with them over these trademarks. It feels great to resolve this in a positive manner, and in a way that should remove the potential of further disagreements in the future.”

「当社はビートルズを愛しており、彼らの商標に関して対立する関係にあるということはいたたまれないものだった。この件について、前向きで将来についてもいさかいを起こすことのない解決の仕方ができてすばらしい気分だ」

とコメントしている。
*Apple Inc.は米アップル社
*Apple corpsは英ビートルズのレコード会社
*Apple Inc. and The Beatles’ Apple Corps Ltd. Enter into New Agreement
http://www.apple.com/pr/library/2007/02/05apple.html

“Apple論争が決着” への2件のフィードバック

  1. AppleとBeatlesが商標Appleとlogoの使用権で和解!

    商標「Apple」とリンゴのlogoの使用権について、英Apple(Beatles)と米Appleの間で和解が成立。
    詳しくは続きを!

  2. やっぱりジョブスはやり手だね。
    きっとCISCOとのごたごたも計算の範疇だったんだろう。
    形はどうあれ、アップル問題収まるなんて想像もしてなかっただけに、これでりんごさん、ますますイキオイつきそうな気がしてきた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。