ニコン新デジ一 ティザー広告を開始

217月 - による yuichiro ikeda - 0 - PR・広告 写真

昨日からニコンが新製品のティザー広告を始めた。
ニコンイメージングのホームページのトップ画面に掲載されていて、あと19日(7月21日現在)とされている。
キャッチはこうだ。

より美しく。
より速く。
より自由に。
より多彩に。

もう一台の新しい10.2メガピクセル。
高性能をコンパクトボディーに凝縮。
このカメラが、あなたを変える。

ティザー広告はこれ
現在はその外観の一部だけが見える状態だ。
そこから察するに、現行の「D50」を1000万画素カメラにアップグレードした感じのカメラではないかと思われる。ポップアップ式の内蔵ストロボ、シーンコマンドダイヤル、銀色のシャッターボタン、グリップの赤いアクセントがその理由。
現在のニコンデジタル一眼のラインナップは、高級機から並べて
「D2Xs、D2X、D2H、D200、D70s、D50」となっている。上位機種3つは別として、D200も新機種と同じく10.2メガピクセル機。これでD50が1000万画素機になると、またおもしろい。
この広告を見たとき、一瞬フルサイズセンサー搭載機が発売されるのかと思った。そんなのが発売されれば、確かにおもしろい。けど、エントリー機からそんな機能が提供されることはまずないと考えていい。おそらくD200が異常に人気なので、それの廉価版を提供しようという考え方なんだと思う。
なんせ、センサーは開発コストがかかりますし、製造コストもかかるから、同じセンサーを大量供給できるに超したことはありませんからね。
公表はおそらく来月第2週になると思われます。
*ニコンイメージングHP
http://www.nikon-image.com/jpn/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。