逮捕の影響は

56月 - による yuichiro ikeda - 0 - ディスクロージャー

村上ファンドの村上氏が逮捕されましたね

さすがにライブドア事件と村上ファンドがこういう形で結末を迎えるとは予想できなかった

しかし東京地検は大変だ 終わってないにしろ一山(堀江氏の一件)越える前に次の山に着手することになった おそらく並行して内定を進めていたんでしょう

あの「物言う株主」の異名をとる村上氏が東証で今日行った会見で、担当検事の話を、ほんとにそうだとおもった と話してたくらいだからすごい人なんだろうなと

ところで日経産業新聞から恒例の読者アンケート依頼があって今回の一連の事件について答えました

確かに証券業界や一般企業の経営者がここまで会社という法人のありかたについて議論を重ねられたのは非常によい成果だと思う

その考え方がいいか悪いかは別にして「会社は株主のもの」という考え方についても経営者それぞれの意見が醸成されてよかったとおもう

そういうことを常日頃から年頭に置いた経営があまりにもなされてこなかったから

今回のアンケートでいろいろ答えたけれどたぶん一般の人とは違う答えだったとおもう

僕は法整備や規則改正が後回しになったことが悪いとはまったく思わない

日本の法律は成文法じゃないけど、法律というのはやっぱり時代に合わせて変えられていくものだと思うから法律が先行して何か最初の事例を食い止めることは出来ないし必要はないと思う その部分は憲法として基本的権利と義務が定められているんだから人間として守るべき事

そうじゃなくて株式会社の経営者は株式というものを間違えているとおもう

単に、「発行すれば金が入る金がなる樹」とでも思ってるみたいだけど、株券を発行するってことは「会社を切り売りする」ってことだ 切り売りをする以上は当然十分に対策を考えないと

だからアンケートでも法律が悪いではなくて経営者に責任があると答えた

商法が会社法へと変わり、まもなく証券取引法もなくなり金融商品取引法となる。時代に合わせて規則もどんどん変わっているけれども、村上氏と堀江氏が逮捕されてホッとしている経営者は是非とも辞めてほしい

留まる事なく会社のコンプライアンスを高めていってほしいと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。