あとで読む

124月 - による yuichiro ikeda - 0 - テクノロジー全般

僕も使っているソーシャルブックマークというサービスがある。

自分が気になったページのブックマークをネット上に登録しておいて、複数の人に公開して共有するというやつ。サービスによって細かいことは違うが、まあだいたいこんな感じ?

しかし、この「あとで読む」サービスは、結局のところソーシャルブックマークは読んでいない!というところに着目して、読むことを目的としたサービス展開をしている。このサービスでは、あらかじめ登録しておく自分のメールアドレス宛に、ブックマークしたサイトの中身をそのまま転送してくれるというサービスだ。メールソフトの既読、未読の表示機能を使って、見たことと見ていないことを一目瞭然にすることができる。

ページ丸ごと転送というのは確かにおもしろい。

一応登録はしてみた。

が、僕のニーズとはちょっと違っていた。他の人がどう使うかは別だが、僕はソーシャルブックマークサービスは、時間がなくて見られないページをとりあえず記録しておくものとは考えていない。あくまでも自分の興味のある範囲で、ページを登録し、それらを串刺し的に閲覧しながら、自分の情報のソースにするか、自分の興味を人に見てもらい、情報としてのネットをより広げてもらうことが目的だ。だから、当然ブックマークしているページはすべて読んでいる。第一、本当に自分が一番使うパソコンはせいぜいあっても2台までだから、ブックマークの共有なんていらないと思うし...

ま、隙間サービスなのかな?

*あとで読む

http://atode.cc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。