Boot Camp Assistant

54月 - による yuichiro ikeda - 0 - Apple Inc.

2006-04-05-bcpb

WindowsとMac

両者は絶対に切り離せない敵同士

2006-04-05-bootcamp

今日、AppleコンピューターはBoot Camp Assistantというソフトのβリリースを行った。

このソフトは、MacでWIndowsXPを使えるようにするためのソフトだ。

あくまでも逆ではない。年末にエントリーしたとおり現行のMacはWindowsとハードウェはほぼ同じになっている。そうなると当然MacとWindowsの同時利用が可能になると考えるわけ。念のために、下にリンクをつけておくけれど、MacユーザーでIntel Macを持っていてどうなっちゃってもいい人だけ是非やってみて!

今回のソフトのリリースに際して、Appleは次のようにコメントしている。

「アップルは、Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていないが、MacがIntelのプロセッサを使うようになったことで、多くの顧客がWindowsをアップルの優れたハードウェアで使うことに関心を示している。Boot Campは、Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものであると、私たちは考えている」

一方のWindowsのMicrosoftはいまMacユーザーに対して結構冷遇が見受けられる。数年前は、Internet ExplorerやMessenger、Windows Media Player、Office、ゲームとかなりMacユーザーに対しても製品提供を展開してきた。しかし昨年頃から、IE、Media Playerは開発中止。OfficeとMessengerは開発が続けられているが、あくまでも世の中の大多数がWindowsを使っているんだから、マイナーのMacユーザーは僕たちの製品がないと困るでしょ?的な商品展開だ。

2社の大きな違いは、自分の位置の認識の違いだと思う。MicrosoftはWindowsは誰もが使っている標準OS。と認識しており、AppleはMacは誰もが使いやすく、Windows何か目にしてない。

つまりは、自分の敵を招待する側と自分の環境を敵に使わせてあげる側と、という違いだ。

Appleが次期発売予定のMac OSX 10.5 (Leopard)ではWindows環境を標準サポートする予定だ。

*Apple Computer [Boot Camp Assistant](英語)

http://www.apple.com/macosx/bootcamp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。