上場廃止決定

143月 - による yuichiro ikeda - 0 - ディスクロージャー

報道の通り、立件当日に上場廃止が決定しました。

上場廃止はライブドアとその子会社ライブドアマーケティング。

両社はすでに開示注意銘柄として監理ポストに配置されていたもので、検察による立件により廃止理由が確定したため、決定したものだ。

両社はそれぞれ廃止理由が異なる。

・ライブドア

株券上場廃止基準第2条の2第1項第5号の規定により適用される同基準第2条第1項第11号(上場会社が有価証券報告書等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)及び第18号(公益又は投資者保護のため上場廃止を適当と認めた場合)に該当すると認めたため。

・ライブドアマーケティング

株券上場廃止基準第2条の2第1項第5号の規定により適用される同基準第2条第1項第18号(公益又は投資者保護のため上場廃止を適当と認めた場合)に該当すると認めたため

つまり、ライブドアは有価証券報告書等に「虚偽記載」を行い、そのことにより多大なる影響を市場に与えた罪で、ライブドアマーケティングは単に市場に多大な影響を与えたからということだが、やはり前のエントリーのように監査法人の監査拒否も大きな理由の一つと考えられそうだ。

今日は、取引期間中に上場廃止の発表はされなかったが(通常は、こういう発表は後場終了後16時あたりから行われる)、日経平均は245円以上もあげた。市場としては一段落というところだが、問題ばかり残してくれた。たぶんこれからディスクロージャーはさらに厳しくなるんだろうな。

*東証発表文

ライブドア上場廃止の決定

ライブドアマーケティング上場廃止の決定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。