いのちいつくしむ

73月 - による yuichiro ikeda - 0 - ことば

人間はものに対するとき、向かうとき自分を押し込めなければならない。 2006-03-06-tatsumiyoshiko

脂っこい魚を料理するとき、そのように料理しなければならないように。

そうしていくことで、本当の料理人は我が弱くなっていくものなの。

我が弱くなるとだんだん幸せになる。

そして、それは命に仕えることになる。

これはよい道だと、幸せな道だと私は思う。

辰巳芳子 料理研究家 (情熱大陸より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。