iMac Intel(ロードテスト)

311月 - による yuichiro ikeda - 0 - Apple Inc.

今日初めてIntel CoreDuoプロセッサ搭載のiMacにさわってきた。

サンプル機のスペックは、

 Intel CoreDuoプロセッサ1.83GHz

 メインメモリ512M

正直に言うと、現実的にはかなり厳しい。

テストしてみた結果、全てのソフトを落とした状態で、PhotoshopCSを起動するのに、55秒かかる。

比較したことはないが、iMac G5時代なら、少なくとも30秒だと思う。iMacの発表の時のSteeve Jobs氏のとまどいもわかる。試しに大容量のデータを作成して、保存しようとしたが、とてもじゃないけど手に負える感じではなかった。

もちろん、サンプル機が512Mしかメモリを積んでいないのが問題なのだと思うけど、さすがに閉口する。

ところで気になったのは、今回のサンプル機もAppleの新製品発表の時もPhotoshopのバージョンがCSだった。つまり、一世代前だ。もちろん実際の市場ではこのバージョンの利用者が多いだろうが、あくまでも新製品発表なんだから、新バージョンを載せるのが筋じゃないかと。

あちこちで、CSがインストールされているということは、Appleのお達しなのか、はたまた次のバージョンCS2では何か問題があるのか、それとも重すぎてちょー非現実的なのか。

策を感じてしまってならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。