別なるマイ機材

271月 - による yuichiro ikeda - 1 - ダイビング

この前スキーのマイ機材購入のエントリーしましたけど、その前に夏のダイビングマイ機材のエントリーも...

ほとんど購入したわけではないんだけど、なんと夏を前にしてダイビングのマイ機材がそろってしまった!
たまにコメントしてくれるAGO氏の親戚からAGO氏経由でちょー格安で譲ってもらいました。
ApoloというメーカーのBCD(ジャケットのようなもので浮力やバランスをコントロールする安定装置)とレギュレーター(空気を吸うためのホースなど生命維持装置)。
たぶんダイビングやっていない人には全く知られていないメーカーだろうと思うけど、ダイビング機材ではかなりの優良企業。小さなメーカーだけど社長がすこしでもダイバーに負担を掛けない、潜りやすく安全な機材作りを目指していて、とても高いんだけれども一流の機材メーカーだと思います。
僕は、既にマスク(ゴーグル)とシュノーケル、グローブはそこのメーカーのを使っています。本当はフィンもそこのを..と思ったんだけどフィンに関してはあまりに使い安すぎるのと少ない力でおおきな推進力を生むため、一般的なフィンと比べて少し蹴り方が違うらしく、はじめからそれに慣れてしまうとよくないとのインストラクターの教えで基本的なフィンにしています。(購入当時のエントリー)

譲ってもらったBCDとレギュレーターは最新のものではないので広告写真はないんだけれども、ほとんど使用した形跡がなくて、すばらしい保存状態!念のため使う前にオーバーホールして(命綱なので)5月のゴールデンウィークにがんがん使っていこうと思ってます。

機材リスト:
 BCD:oceanic
 レギュレーター、オクトパス:oceanic(ゲージのみapollo、bio-filter付)
 ウエットスーツ:seaser 5mm ロングスーツ
 マスク:apollo bio-metal
 シュノーケル:apollo bio-snorkel
 フィン:Cressi-sub Pro-Light
 グローブ:apollo bio-pro marine grove
 シューズ:SAS
 ダイビングコンピューター:sunnto D9

本当だったらおよそ35万円相当だと思うけど、18万でそろえました。といってもうち11万はダイビングコンピューターだから一般的な機材は実質全部で7万円相当。25万が7万!安!!

*apollo(日本潜水機)

“別なるマイ機材” への1件のフィードバック

  1. あぁ世界は素晴らしい

    はい!馬鹿の完成です! 体調悪いってのにこんなことやるなよな… って自分で突っ込んでみたり。 …だって嬉しかったんだもん。 ちなみに[http://…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。