PMコード

231月 - による yuichiro ikeda - 0 - テクノロジー全般 モバイル

最近QRコードというのが随分浸透してきたと思います。(デンソーウェブ開発)

あの2次元バーコードというやつ。携帯で撮ると、アドレスが出てきたり情報が文字として現れるアレです。

やつは、いわゆるバーコードを拡張してバーではなく正方形の集合体で情報を多く詰め込めるようにしたものですが、初期のバーコードから抜け出すことができなかった制約があり、また数字では7000文字、漢字では1817文字という限界がありました。

この制約の中では、ある程度の文字を伝達する以上に拡張のしようがないというのが現状だったのですが、あらたにPMコードが開発されてなんと動画級の情報を静止画に埋め込むことができるようになったのです。

サンプルの画像がまだなくて説明しにくいのですが、今まで白黒だったバーコードに色が付いたというのが直感。

白黒に3原色(赤、青、黄)の合計5色の色分けをすることで、最大1.8メガバイトの動画に匹敵する情報を書き込めるようになった。

これちょっとおもしろい。

情報量が増えただけで、静止画が動画になるんだから。

今まで、印刷というのは絶対的に静止画しか印刷することができなかったわけだけど、考え方次第で動画を同時に大量に配信できることになる。

ただ、僕が自分の携帯で試した範囲では、現行の携帯では読み込みができない。

カラーじゃなくとも、白黒としてとか、意味が不明でエラーとかにもならない。

つまり、下位互換性は全くないようだ。メーカーによると読み込みソフトは無償配布するとしている。普及させたいのかどうなのかいまいちわからないが、ともかく技術としてはおもしろいアイデアだ。

*コンテンツ アイデア オブ アジア(PMコード開発元)

http://ci-a.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。