衝動買い

2610月 - による yuichiro ikeda - 0 - 写真

またまた衝動買いしてしまったよ...
2005-10-26-fisheye

いつかの記事でも書いたけれども、魚眼レンズっていうやつで通称フィッシュアイレンズ。
中古で少し使い込んだやつを選んだので、おおよその販売価格より2万以上は抑えられたと思う。
正式名称は、「Ai AF Fisheye Nikkor 16mm F2.8D」
これを日本語に解釈すると要は、焦点距離が短いとっても明るいレンズを備えた魚眼レンズ、といったところです。
このレンズはとても広い範囲を一枚に移しこむことができるので、画像がかなりゆがむんです。
だから、失敗作ではもう目も当てられない感じになるはずだけど、うまく使えば特徴的な写真になって面白い 予定。
さらに、水中写真にも転用可能だから、いつかそんな写真も撮れるかな?
そういえばいつか、衝動買いの定義について誰かに聞いたことがあるんだけど、その人は「全く購入予定がなかったものをつい買ってしまう」ことを言うといってました。
僕は、「この店のこの商品を買おうと思っていなければ、みんな衝動買いだ」と思っていたのだけど、そういわれると、全く予定がなかったものを買う衝動買いはたぶんしたことがない。
ある程度考えていて、値段が安ければ買おうと思っているものはたくさんあるから、全く予定がないものを買ってしまうことを衝動買いの定義としてもらった方が、衝動買いが減っていいかも?!
これで手持ちの撮影機材は...
全てニコン(2006年2月20日更新)
–Camera–
D1X
F4S(借り物)
(F80S(売却))
–Lenses–
AF 16mm Fisheye F2.8
AF 20mm F2.8(借り物)
AF 20-35mm F2.8
AF 50mm F1.8
AF-S DX 17-55mm F2.8
(AF-S 24-85mm D F3.5-5.6(売却))
AF 80-200mm F2.8
Ai 135mm F2.8(借り物)
といった感じ。
しかし、広角がすきなんでねえ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。