事業拡大の真意

1910月 - による yuichiro ikeda - 0 - コンフィデンシャル

ある本を読んでいてふと考えたんですが、なぜ経営者は事業を拡大しようとするんでしょう。
よく言われるのは二つかな
1.収益の拡大
2.リスク分散
ま、1.は簡単だよね。
当たるかはわからないけど、本業とは別の事業を始めれば全く違った土俵で稼ぐわけだからうまくいけば収益は拡大できる。
2.はもし本業で時代が変わったり債権踏み倒されたりとかでうまくいかなくなっても、違う土俵で売り上げがあれば、多少は生き延びられるから、その間に本業を立て直せばいいし、どうしてもだめなら、本業を切り捨てても会社は存続できる。
しっかしそれにしも、堀江もんの考えはよくわからない
宇宙ビジネスは、リスク分散にも収益拡大にもあまりつながらないのでは?
なんといってもリスクが大きいし、収益ったって当初は一回20億!!!
それくらいになると少しでもやすくってのは難しいし
でも今は、一部の富裕層はバブル状態って話もあるから、ただ儲かればいいっていう考え方もあるのかな?
なかには本業と副業が反転しちゃってる会社だってあるし
某カネボウさんとか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。